Just another WordPress site

無料体験@札幌 お問い合わせは TEL:050-3476-8526
 

太氣至誠拳法 – 太気拳とは

意拳創始者・王向斎太気至誠拳法創始者・澤井健一

意拳創始者・王向斎(左)とその弟子にして太気至誠拳法創始者・澤井健一(右)

 澤井健一宗師が中国において王向斎(オウコウサイ)宗師より学んだ意拳(大成拳)をもとに、師の許可を得て創始した拳法。
「立禅」「揺」「這」「練」で「内功」を養う、気功を基本とした独特の練習体系と、実戦における実力の高さで知られています。

意拳の歴史

王向斎(オウコウサイ)

意拳創始者・王向斎(オウコウサイ)

 意拳は別名を大成拳といい、1920年代に中国で王向斉(1885~1963)により創始された実戦拳法です。 王は中国河北省深県に生を受け、幼少の頃より形意拳の稀代の名人といわれた郭雲深のもとで武術を学びました。(形意拳、太極拳、八卦掌の三拳は内家拳と総称され、気を練り内功を養うことを特徴としています。)

郭は王の素質を見抜き、他の弟子とは異なるやり方で王を鍛えました。

その方法とは、形意拳をはじめ中国武術の基本であった套路(型)中心の練習ではなく、 ほとんど動くことのない稽古である「站椿」(タントウ、立禅)を徹底的にやらせることでした。

こうした練習に当初は疑問を抱いていた王も、やがて師の力の源がこの地味な練習にあることを悟り、 さらなる猛稽古を続け、武の実力を高めていきました。
師・郭雲深の死後、王は中国国内における武者修行を開始。

他流派との交流の中で、それぞれの武術に共通するエッセンスともいうべきものを見出した王は、 それを郭より学んだ武術と融合させ、新しい拳法を創始したのです。 それは站椿(立禅)を重要視し、形意拳に伝わっていたわずかな型すら廃した独自の練習体系を持つ武術となりました。

この拳法の名称の起源については諸説ありますが、「形意拳より形を無くした」という意味で、 創始者である王が「意拳」と呼んだという説が有力です。 意拳創始後も王は国内外の武術家と試合を重ね、これをすべて打ち負かしました。 これにより武術家としての王の名声は揺るぎないものとなり、やがて「国手」(国家を代表する拳法家)という称号を受けるに至ったのです。 さらには、王の評判を知った当時の北京市長・張壁等の有力者が 「中国拳法を集大成した拳法」との意味を込めて「大成拳」という尊称を贈り、大成拳の名は王の拳法の通称となったのです。

太気拳の歴史

澤井健一

太氣至誠拳法創始者・澤井健一

 1931年、一人の日本人が軍の任務で中国に渡りました。 澤井健一(1903~1988)は福岡県に生まれ、幼い頃から武術に親しみ、隼流館(双水執流)、講道館柔道、剣道、居合道等の流派を学びました。

柔道五段、剣道四段、居合道四段の澤井は、ある日中国人の友人から「国手」王向斉についての噂を聞いたのです。 その友人の紹介で王に面会し、手合わせをする機会を与えられました。 当時の澤井は30代も半ばの最も脂の乗りきった屈強な男。対する王は痩身で小柄な老人。

澤井の勝利は揺るぎないものに思えました。
しかし、実際に試合がはじまってみると、澤井の繰り出す柔道の技は王に完璧に封じ込まれ、それならばと剣道の技で挑みかかっていくも、 これも棒切れ一本を持った王に簡単に払われ、澤井は完敗を喫してしまいました。

これにより、完全に自信を失った澤井は、熟考の末、王への弟子入りを決意することとなります。
外国人の弟子を持たない主義の王に、はじめは門前払いを食った澤井でしたが、諦めることなく連日王のもとへ参じ入門を懇願しました。

澤井の熱意を汲んだ王は、約一週間後に澤井の入門を許可するのですが、 その際に澤井は「決してこの武術の修行を止やめません」という血書まで書くのです。

王の高弟である姚宗勲(1917~1985)に預けられた澤井は、站椿を中心とした意拳の修行を開始。 その後、王から直接指導を受けるようになった澤井は、姚宗勲ら兄弟弟子と共に厳しい修行を続けました。

1945年8月。終戦。 日本への帰国を果たした澤井は、師の教えを遵守し、一人で站椿を中心とした修行に励みました。 そして王向斉の命を受け、澤井は意拳にかつて自らが修行した柔道・剣道・居合道等の武道の要素を加え太氣至誠拳法を開いたのです。

太氣拳創始後も道場を構えることは無く、東京の明治神宮において指導をしていました。 太氣拳独特の立禅(站椿)を中心とした稽古と、その後行われる激しい組手、そして圧倒的な武の実力を誇った澤井の存在により、 神宮の杜は当時の武術界において貴重な修練場となったのでした。

1988年7月。澤井健一永逝。

自分の中の根元の力を探し、養う「立禅」

自分の中の根元の力を探し、養う「立禅」

自分の中の根元の力を探し、養う「立禅」

太氣至誠拳法(太気拳)において基本となる稽古方法が立禅です。 立禅は、鍛錬と休息を同時に行う運動です。 自然に立ち、胸の前でボールを抱くように腕を上げます。

気分を落ち着かせ、精神を集中し、風を感じるように。 内外の一体感が高まり、身体が整ってきて本能的作用が何の拘束も受けずに自然に発揮されてきます。 無駄な力を使うと、その一体感が崩壊してしまうので繊細な注意が必要です。

そして上下の力を軸として、あらゆる方向へ力を発する為の心身の基本構造を養います。 実際の稽古ではこれらの効果ができるだけ早く体感できるよう、イメージ(意念)の用い方、身体の整え方など、様々なポイントをお伝えします。

立禅で養った根元の力を動きの中に活かす「揺」

立禅で養った根元の力を動きの中に活かす「揺」

立禅で養った根元の力を動きの中に活かす「揺」

片足を前に出した立禅(半禅)から、ゆっくりと腕を糸を繰るように伸ばす、縮める。 立禅の中で身体中にバネのような弾力や、波を受けたような抵抗感といった体感が出てきます。 それらの感覚は微妙なもので、むやみに動くとはじめはすぐに消えてしまいます。

この抵抗感という感覚を利用して、全身の筋肉、関節、神経と意識が統合された状態を維持しつつ動く為の稽古が「揺(ゆり)」です。

武術の要、下半身を練る「這」

武術の要、下半身を練る「這」

武術の要、下半身を練る「這」

歩法、下半身は全ての基礎となります。 強力な大砲は土台がしっかりしていなければ、自らの反動を制御することができず、また命中させる場所に移動することもままなりません。

あたかも泥の中をゆっくりと這うように、腰を落とし、腕を上げ、ゆっくりと歩みます。

決してスクワットのように筋力を鍛えることが主な目的ではありません。 上半身と同じく、バネのような感覚、波の抵抗感があるかのように身体を整えて下半身の力を上半身まで伝えることができるように養うのです。

全身をつなげる。統合的な動き「練」

全身をつなげる。統合的な動き「練」

全身をつなげる。統合的な動き「練」

「禅」で力を養い、その力を「揺」「這」で動きの中でも維持ができるようにします。 そして、その動きをもう少し大きな動きの中で養っていきます。 いわゆる移動稽古のように、前後に歩みながら腕を回すような動作、それが「練(ねり)」です。

この「練」で、自らを護り、相手を打つ形を整えていきます。 どれだけ動いても、立禅で培った状態を保ち続けることができるよう、身体を餅のように練ってゆきます。

確認としての「推手」、「組手」

確認としての「推手」、「組手」

確認としての「推手」、「組手」

身体につながる感覚などが出てきたとしても、それだけでは実戦には使えません。 畳の上でクロールを覚えても泳げないのと同じです。

対人稽古として、お互いの腕を触れ合い円を描きつつ相手の力を感知し対応する「推手(すいしゅ)」、 そして総合的な「組手(くみて)」を行います。

太気拳に試合はありませんので、これらはどちらが勝った、負けたというものではなく、今まで培ってきたことの確認と応用です。 また、組手は希望者のみおこない、行う場合も怪我の無いよう、無理をすることはありません。 強くなる為の武術で怪我をして、かえって弱くなるのは本末転倒ですから。

立禅、揺、這、練、推手、組手と動きが徐々に大きくなり、またそれぞれに名前がついていますが、 結局は立禅の状態を拡大維持して動いているのですから、太気拳の稽古は全てが「禅」であるとも言えます。

内功(気功)とは

wang-standing

内功(気功)とは自己の内外を一体化し鍛錬するもの。

内外の一体化とは、我々は自然の一部であることを認識、体感することです。
本来は生理的・本能的に自然に行われるはずが、 多くの人は長い歴史過程・社会環境の中で内外の一体感を忘れてしまったようです。

内功の稽古の根幹をなすものが立禅です。 これは鍛錬と休息を統一させた運動です。

心拍数を無理に上げることなく鍛錬中に休息し、休息中に鍛錬をすることができるのです。 はじめは思うままに、静かに気分を落ち着かせ、精神を集中します。

鍛錬の際に最も重要な事は感じること、内外を一体にすることです。 気持ちは、山に登って雲海を見るように。呼吸はきわめて自然に心地よく、全身で行います。空気・風を感じ、気持ちは少し愉快に、そして気持ちよく。
あたかも体中の穴を風が通り抜けるように。感じることで内外を一体してゆきます。 すると身体が整い、本能的作用が何の拘束も受けず自然に発揮されてくるのです。 そこから更に自己の一体感を求めてゆきます。

力を使った時点で一体感は崩壊し失われます。 力を使わない事によって力が湧き出てくるのです。

体験者はそれぞれの身体の強弱や病状の違いによって、稽古過程での体感が異なりますが通常は、十日前後の練習により立禅の効果を感じとることができます。

そして稽古のあとは気楽で愉快な気分になり、この感覚は日々増長します。また数日間の練習で筋肉のふるえ、痛み、だるさ、しびれ、はり等の現象が現れることがあります。 それらの多くは不適切なやり方による筋肉運動の妨げに原因があり、気、血の通りが欠けているか、過度の疲労或いは生理上その他の問題によるものです。
過度の疲労を防ぎ、気持ちよさ力強さに注意し、力を求めリラックスし、緊張と硬直を避けさえすれば、少しずつ気と血の通りがよくなり、筋肉が活発になり、上述の現象が徐々に取り除かれます。
疲労を感じない規律的な震えは、経路と気血の閉塞がすでに取り除かれたよい現象ですから、ただそのまま自然に従えばそのうちにおさまります。 自然の動きを故意に抑制してはならず、意識的に大げさにしてもいけまぜん。 ほかにも涙が流れる、くしゃみ、げっぷ、おなら、お腹が鳴るなどの現象は、みな稽古過程のよい現象で、病が癒えた後に自然とおさまってきます。

太気拳や気功に興味をお持ちになりましたら、お気軽にお問い合わせください。
性別、年齢を問わず多くの方が、太気拳と気功の基本を体験されています。

お問い合わせフォームへ

非定期に太気拳や武術の話、島田道男師範の北海道セミナー予定など、武術についての情報をお届けします。
有名武術家との対談、武術のコツなども。

ご希望の方は、こちらからメールアドレスをご登録下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加