Just another WordPress site

無料体験@札幌 お問い合わせは TEL:050-3476-8526
 

新着情報・Blog

20178/25

誕生日

45歳の誕生日を稽古に来たみなさんに祝って頂きました。

この歳になってケーキは照れますがやっぱりうれしい。

今年の抱負は?と聞かれ改めて考えたのですが、
私の原点である

「武に遊ぶ」

を追求いたします。

 

祝って頂きありがとうございます!

201612/9

散打大会

中国武術気功亮鳳会主催の散打大会の審判をさせて頂きました。 
 
防具を装着し、打撃も投げ技も認められた、実戦的な試合形式です。 
小学生未満の子供達から高校生まで、熱気溢れる素晴らしい大会、元気をわけてもらいました。 
 
子供は身体が柔らかく筋力が弱いので重力や遠心力といった力に自然に従います。 
そんな動きに動物としての動きの本質を感じました。 
 
赤子のように、水のように。 
皆さんの動きから多くを学ばせて頂きました。 

2016年11月27日、太氣至誠拳法武禅会の道場開きをいたしました。 
 
太氣至誠拳法氣功会松井道場としてスタートし5年、師である島田道男先生の認可を頂き武禅会としての新たなる旅立ちです。 
 
道場開きにふさわしく心奮い立つ会となりました。 
来賓の皆様の温かいお言葉、会員の皆さんの熱気溢れる組手、その後の懇親会。 
 
  
周りに生かされていることを改めて実感しました。
  
多くの方と武術の素晴らしさ、楽しさを分かち合うことによってご恩をお返しできればと思います。
 
太氣至誠拳法武禅会 
師範 松井欧時朗 
 

201610/28

Taikiken Buzen-kai

Please be informed that master Michio Shimada of Taikiken Kiko-kai has allowed me to open new Taikiken Dojo.
Also he named the Dojo, “Buzen-kai”.
 
I was running a branch of Kiko-kai in Sapporo, Hokkaido from 2010, and now I am independent from Kiko-kai under permission of master Shimada.
 
If someone want to learn Taikiken in Japan, always welcome.
Thank you all.
 
Ojiro Matsui
Taikiken Buzen-kai

このたび太氣至誠拳法氣功会 島田道男師範より認可を頂き、道場を開く運びとなりました。
あわせて道場名を島田師範に命名いただいております。
 
太氣至誠拳法 武禅会(ぶぜんかい)
 
2010年より氣功会の支部である松井道場として札幌を中心に活動しておりましたが、
今後同組織は氣功会より独立し太氣至誠拳法(太気拳)武禅会として活動いたします。
 
古来より伝承されてきた文化的遺産である武術。
この修行を通じ天人合一の境地を目指すことを会の存在理由といたします。
 
島田師範ならびに皆様のご厚誼に心より感謝申し上げます。
未熟者ではございますが今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 
太氣至誠拳法武禅会
師範 松井欧時朗
 
追伸
本HPも徐々に変更してゆきますがしばらくは名称が混在してしまうこととなります。

20168/29

誕生日


稽古後、みなさんに誕生日を祝って頂きました。
しみじみとありたがさを感じます。
みなさん、ありがとうございました!

20165/14

水のなかで

水中で動くように。
重さと抵抗を全身で感じ動くとき、身体はつながり反対方向への力が内在される。

20165/7

花見

稽古後に花見。
水曜の稽古は女性が多く、組手の研究よりも細かな動き、内面の探求に多くの時間を割きます。
 
いつも通る道なのに、こんな見事な桜に気づいていませんでした。
札幌ではGWも桜満開です。
 

幕末の偉人、勝海舟。
その語録集が「氷川清話」として遺されています。
そのなかで、自分が人物を作り上げた根本は剣術と禅である、と述懐しています。
 
QUOTE
本当に修行したのは剣術ばかりだ。
(中略)
この坐禅と剣術とがおれの土台となって、後年大層ためになった。
(幕府)瓦解の時分、万死の境を出入りして、ついに一生をまっとうしたのは、全くこの二つの功であった。
ある時分、沢山剣客やなんかにひやかされたが、いつも手取りにした。
この勇気と胆力とは、畢竟この二つに養われたのだ。
危難に際会して逃れられぬ場合と見たら、まず身命を捨ててかかった。
しかして不思議にも一度も死ななかった。
ここに精神上の一大作用が存在するのだ。
 
(このような文章もあります)
ひとたび勝たんとするに急なる、たちまち頭熱っし胸跳り、措置かえって顛倒し、進退度を失するの患を免れることはできない。
もしあるいは逃れて防御の地位に立たんと欲す、たちまち退縮の気を生じ来りて相手に乗ぜられる。
事、大小となくこの規則に支配せられるのだ。
おれはこの人間精神上の作用を悟了して、いつもまず勝敗の念を度外に置き、虚心坦懐、事変に処した。
それで小にして刺客、乱暴人の厄を免れ、大にして瓦解前後の難局に処してしゃくしゃくとして余地をたもった。
これ畢竟、剣術と禅学の二道より得来った賜物であった。
UNQUOTE
 
剣術と座禅。
太気拳では拳術と立禅を通して高みを目指しています。
 

4月13日、NHKのニュース番組「ほっとニュース北海道」で当会の稽古が取材されました。
 
NHKの方々の映像にかける並々ならぬ思い、プロの鑑でした。
数分間の映像の為の為に何度も稽古風景を見に来て頂き、太気拳とは何なのか、
太気拳をすることでどうなるのか、を僅かの間にご理解されたように思います。
 
立禅では本来ゆるむことが重要なのですが、放送ではその先にある神経の緊張を強調してしまい、適切でない印象を与えてしまったことを反省しています。
 
ですが会員のみなさんの真摯な稽古風景で私のそんなダメさも十分にカバーして頂きました。
 
会員のみなさん、NHKの方々、ご覧になって頂いた方々、ありがとうございました。
 

太気拳や気功に興味をお持ちになりましたら、お気軽にお問い合わせください。
性別、年齢を問わず多くの方が、太気拳と気功の基本を体験されています。

お問い合わせフォームへ

非定期に太気拳や武術の話、島田道男師範の北海道セミナー予定など、武術についての情報をお届けします。
有名武術家との対談、武術のコツなども。

ご希望の方は、こちらからメールアドレスをご登録下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加